女性向け

キスマークが消えない理由とは?1週間経っても残っているってまじ?

キス カップル

キスマークが中々消えないと困っていませんか?

中には1週間経ってもキスマークが消えない人もいます。

一体キスマークが消えない理由がなにか知りたい人にむけて、その理由をお伝えしています。

キスマークが消えない理由を知りたい人はぜひ参考にしてみてください。

キスマークが消えない理由とは?

キスマークが消えない理由は3つ考えられます。

  1. 炎症が回復していない
  2. 色素沈着が起こった
  3. 生活習慣が悪い

キスマークは簡単に言ってしまうと皮膚の内出血ですので炎症反応が残っている跡はそのままです。

キスマークは自然に治癒するのものですが、気になって触っていたりすると肌が傷ついて締まってそのまま色素沈着を起こすことがあります。

色素沈着が起こっている場合は肌のターンオーバーを待つことになるので、消えるのに時間がかかってしまいます。

そして、身体の細胞レベルで修復できないとキスマークの治りが遅くなってしまいます。

生活習慣が悪いと退社が鈍くなるのでキスマークが消えないままとなってしまいます。

メット
メット
睡眠はもちろん、何を食べるのかも重要です!

一般的にキスマークが治る期間とは?

人によって代謝機能がことなったりキスマークの度合いによって多少は前後しますが、一般的にキスマークが消えるのは2~3日となっています。

普通であれば、自然に放置していると勝手に消えるので問題ありませんが、先程お伝えしたように、こすったり生活習慣に問題がある場合は長引くことが多いです。

キスマークが1周間消えない!

キスマークが1週間経っても消えない場合は、色素沈着を起こしている可能性があります。

つまり、キスマークの炎症反応は治っているが、キスマークが傷跡のようにそのまま残ってしまっているということです。

1週間経っても消えなくて気になる場合は、皮膚科へ行くのも良いですし、ターンオーバーを待つのもありです。

メット
メット
ターンオーバーは28日周期が基本と言われているので最低でも1ヶ月は必要になります。

キスマークが1週間も消えないのはよっぽど強く座れていない限りはご自身の初期対応が甘かった可能性があります。

もし、少しでも早くキスマークを消したい場合は消し方をまとめていますのでそちらをご参照ください。

キスマークはなるべく触らないで!

キスマークは皮膚内部の炎症反応ですので、気になるからと言って触ってしまうと炎症が悪化してしまい、長引くことがあります。

さらには、キスマークが消えないだけでなくその後も色素沈着として残り続けてしまう事があるので要注意です。

一刻も早く治したい場合は初期の対応が非常に重要となります。

もし、今すぐ消したい場合はコンシーラーなどで隠すほかありません。

言い訳
キスマークを隠す言い訳が欲しい!親や職場では何がベスト!?キスマークが突いていることを言い訳するにはどう伝えるのがよいのか困っていませんか? 実家ぐらしの場合や親への言い訳。 社会人...